不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

相続の基礎知識

このサイトのコンテンツは税法を簡易な表現・計算にして記載しています。
具体的な取引での適用を保証するものではありません。
取引等への適用を確実とするためには、税務申告を依頼する税理士等へご確認ください。

相続とは

簡単にいえば、親(被相続人)が亡くなって、親名義の不動産や預貯金など被相続人が生前に持っていた全ての権利義務が奥さんや子供(相続人)に引き継がれることをいいます。 相続人には奥さん(配偶者)と子供な

「相続とは」の続きを読む

相続手続の流れ

相続開始 相続人の決定 法定相続人の確定 遺言書の有無確認 財産・債務のリストアップ 3ヶ月以内 相続放棄・限定承認 (相続開始を知った日か

「相続手続の流れ」の続きを読む

法定相続人とは

法定相続人は、次のように配偶者と一定の血族からなります。 まず、配偶者は存在するかぎり、つねに相続人となります。 そして、配偶者と血族相続人は共同して相続します。 また順位の異なる血族相続人同士

「法定相続人とは」の続きを読む

法定相続分とは

法定相続分というのは、民法で決められた法定相続の割合のことで、通常はこの割合を基準として、遺産分割の協議がなされることになります。 (1)相続人が配偶者と直系卑属の場合

「法定相続分とは」の続きを読む

相続財産(遺産)とは

相続財産とは故人の残した一身専属以外の権利義務のすべてをいいます。権利とは土地などの不動産、現金や預貯金、動産などのプラスの財産で、義務とは借金などの債務で、マイナスの財産です。 相続税の簡易計算シ

「相続財産(遺産)とは」の続きを読む

相続財産とならないもの

死亡退職金 民法上、相続人固有の財産として相続財産になりません。ただし、相続税法上は相続財産に準じて取り扱われます。

「相続財産とならないもの」の続きを読む

相続人になれない場合

親族に相続人にふさわしくない者がいる場合があります。例えば、資産目当てに親とかを殺したり、遺言を偽造したりした者は、犯罪が発覚すれば刑事罰を受けると同時に、相続人となる資格も失います。これを「相続欠格

「相続人になれない場合」の続きを読む

相続人を廃除する場合

被相続人の意思で、相続人たる資格を失わせる相続人の廃除という制度があります。 被相続人を殴ったり虐待したり、病気の介護もせず遊び歩いたり不倫に走ったりする。このような場合、被相続人が家庭裁判所へ請求

「相続人を廃除する場合」の続きを読む

「相続放棄」をする場合とは

マイナス財産(借金)がプラス財産より多い場合 被相続人が多額の借金をしていた場合、相続人がその借金を背負い込まなくてもよいように、相続人には相続を放棄する権利が与えられています。相続財産・債務のすべ

「「相続放棄」をする場合とは」の続きを読む

「限定承認」をする場合とは

相続によって得たプラス財産の限度でのみ、被相続人のマイナス財産たる負債を引き継ぐという相続の仕方を「限定承認」といいます。 これは相続財産の範囲内で借金を清算し、余ったら相続するし、マイナスであれば

「「限定承認」をする場合とは」の続きを読む

相続税申告に必要な添付書類は?

相続税の申告に必要となってくる様々な添付書類等があります。相続税申告の必要添付書類のチェックリストとなっていますので、参考に準備してみましょう。課税価格の計算の特例や税額軽減を適用する場合、必ず提出を

「相続税申告に必要な添付書類は?」の続きを読む

相続税が戻るとは?相続税申告後の相続税還付

相続税の申告書を見直すと税金が戻ってくることがあります。 すでに相続税申告書を提出している方でも法定申告期限から5年以内であれば、その申告内容(特に土地の評価)を見直すことにより相続税の還付を受ける

「相続税が戻るとは?相続税申告後の相続税還付」の続きを読む

相続税の仕組みと基礎知識

今、注目の話題に税理士が答える

年間1,000件以上の「不動産と相続の税務相談」を経験した相続税・資産税専門の税理士の現場から相続税に関する最新情報をコラムとしてお届け致します。

2017年10月06日
マイホーム買換時の特例重複適用の有利・不利について
2017年10月04日
非居住者が不動産を売却した場合の注意点
2017年09月22日
アパート・マンション経営を始めたときの税務署への届出
2017年09月21日
親が老人ホームに入居した場合の特例適用の可否
2017年09月20日
親の自宅は生前売却と相続後売却どっちがお得?
コラム一覧

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

※このサイトのコンテンツは税法を簡易な表現・計算にして記載しています。
 具体的な取引での適用を保証するものではありません。
 取引等への適用を確実とするためには、税務申告を依頼する税理士等へご確認ください。

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ総合窓口

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります

東京駅前相談所
新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる