text contact

2004 Tokyo City Tax Accountant Firms All Right Reserved

注目の話題に税理士が答える! 不動産税制・相続税最新情報

空き家の3,000万円控除と住民票

掲載日:2016/9/16

先月亡くなった父の自宅を相続により引き継ぐことになりましたが、今後そこに住む予定もないため、売却を検討しています。昭和40年代後半に父が購入しているため、いま売ると売却益が発生しそうですが、今年から始まった空き家の3,000万円控除を利用しようと思っています。ただし、亡くなる1年半前からは老人ホームで生活していました。住民票は自宅に残したままでしたが、この空き家の3,000万円控除は利用できるでしょうか?

住民票の住所が自宅であったとしても、生活の本拠が老人ホームなど別に場所にあると空き家の3,000万円控除は適用できません。

【解説】

  • (1)被相続人が相続開始直前まで居住していたことが必要

    28年度の税制改正でいわゆる空き家の3,000万円控除が創設され、相続した空き家を売却することにより売却益から3,000万円までを控除できるようになりました。

    ただし、その条件の一つとして、売却する家屋は、被相続人が相続開始直前に居住して
    いたものに限られています(その他適用できる条件が詳細に定められていますので、詳しくは『税金の手引き』48頁などをご参照ください。)。

    したがって、相続開始直前に老人ホームなどに入居していた場合には、売却する家屋は「生活の本拠」としていた家屋ではないため、この空き家の3,000万円控除は適用できないこととなります。

  • (2)住民票ではなく生活の本拠がどこかで判断

    ところで、老人ホームへ入居する場合でも住民票はそこへ移さず、自宅のままになっているケースもあると思います。

    この場合でも、被相続人が居住していた家屋に該当するかどうかは住民票に記載された住所ではなく、あくまで生活の本拠がどこにあるかで判定されることになるため、住民票の住所を自宅に残したままでも適用は困難と言えます。

このコラムの著者 辛島 正史 (からしま まさふみ)

執筆者 税理士 辛島 正史(からしま まさふみ)

税理士:辛島 正史 (からしま まさふみ)

相続税および不動産に関する税の問題についてはぜひご相談ください。最適な解決策をご提案させていただきます。

信条・モットー:意志あるところに道はある
得意分野:相続税、贈与税、不動産売却に関する税、アパート・マンション経営に関する税

税理士:辛島 正史の詳細のプロフィールはこちら

【免責事項】

  • 当コラムは、情報提供を目的として税理士法人東京シティ税理士事務所(以下「当社」)が作成したものであり、節税対策実施の強制や勧誘を目的にしたものではありません。
  • 当社掲載内容の正確性に努めておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトの情報をご利用した際に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。
  • 当社の判断により掲載内容の一部あるいは全てを予告なく修正・削除する場合があります。
  • 当サイトのご利用にあたっては、ご利用者の自己責任をもってご覧いただくものとします。

telephone 03-3344-3301

受付時間:平日9:00~18:00

CONTACT

東京シティ税理士事務所では、個人の方から不動産関連会社様まで幅広いお客様に対し、

不動産および相続に関する多岐にわたる税務サービスをご提供しています。

次のようなお悩みやご要望はございませんか?
  • いますぐ不動産・相続税に関する疑問を解消したい
  • 自社の営業社員向けに不動産税務のアドバイスが欲しい
  • 会社の不動産運用に関し税務上の助言が欲しい
  • 譲渡所得税の申告だけ単発でお願いしたい
  • 不動産経営から相続までトータルで対策したい
  • 不動産・相続税務の経験が豊富な税理士に相談したい
不動産・相続税務の疑問がいつでも解消
東京シティ税理士事務所の電話相談(初回相談無料)

telephone 03-3344-3301

電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00 (土日・祝日も開設)

text contact