不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

居住用の特例に関する最近の裁決事例について

来年の確定申告に向けて、今年、不動産の譲渡を行われた方からの税務相談が増えてきました。今回は最近公表された国税不服審判所の裁決事例の中から、居住用の特例に関するものを取り上げ、適用のポイント等を考えてみたいと思います。

裁決事例の概要

過去に住民票を置いたことのない土地家屋について居住用の特例(いわゆる居住用の3000万円特別控除)が認められるかどうかが争われた事例(平成28年3月16日裁決)

裁決の要旨

請求人は、譲渡した本件土地建物が、「居住の用に供している家屋」に該当する旨主張する。

しかしながら、本件家屋におけるガス及び水道の使用実績がなく、電気の使用量は極めて少ないこと、本件家屋の窓ガラスが割れたまま放置され、複数の近隣住民が人の住める建物ではなかったと評していること、また、請求人が住民票上の住所を本件家屋とは別の借家の所在地に置いていたこと、当該借家に係る賃貸借契約及びその更新の際に、請求人が同居人として名を連ねていたことなどからすれば、請求人が本件家屋を真に居住の意思を持って客観的にもある程度の期間継続して生活の本拠としていたとは認められない。

以上によれば、本件家屋は、請求人の「居住の用に供している家屋」に該当しない。

適用のポイント

3000万円特別控除の対象となる家屋は、「真に居住の意思を持って客観的にもある程度の期間継続して生活の本拠としていること」が必要とされています。

これは、当該譲渡者及び家族の日常生活の状況やその家屋の利用の実態、その家屋の入居目的、その家屋の構造及び設備の状況等の諸事情を総合的に考慮し、社会通念に従って判断されます。

本裁決では認められませんでしたが、裁決の要旨にも触れられているように、水道光熱費の利用状況、家屋の保存状況、別の場所に住民票が置いてあることについての合理的な説明が可能な場合、住民票が置かれていない土地家屋についても居住用の特例の適用が可能な場合があります。

我々も、過去にこのようなケースで居住用の特例の申告を行い、認められた事例が多数ありますので、気になる事例等がありましたら、お気軽にご相談下さい。

なお、親名義の土地家屋に長期間住んでいる子が、親から相続時精算課税制度等で土地建物の贈与を受けた上で譲渡を行い、居住用の特例を受けたいというご質問を時々いただきます。以前は認められていたスキームですが、最近、国税不服審判所の裁決で、譲渡することを前提に贈与した場合、居住用の特例を認めないという事例が出ております。

直前贈与→即売却のケースについても注意が必要です。

このコラムの著者 石井 力(いしい ちから) 税理士の紹介

執筆者 石井 力(いしい ちから)石井 力(いしい ちから)
税理士:石井 力(いしい ちから)

若さと行動力を武器に、与えられたチャンスを着実に生かして、 多くのお客様から頼られる存在になれるよう努めてまいります。

得意分野:不動産購入・税金対策

税理士:石井 力の詳細のプロフィールはこちら

免責事項

  • 当コラムは、情報提供を目的として税理士法人東京シティ税理士事務所(以下「当社が」)作成したものであり、節税対策実施の強制や勧誘を目的にしたものではありません。
  • 当社掲載内容の正確性に努めておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトの情報をご利用した際に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。
  • 当社の判断により掲載内容の一部あるいは全てを予告なく修正・削除する場合があります。
  • 当サイトのご利用にあたっては、ご利用者の自己責任をもってご覧いただくものとします。

税理士による無料相談 毎日受付中

税金に関するお悩みは早めに解消するのが得策です

  • 住宅を売却して税金が心配だ
  • 住宅の売却や買い替えで失敗したくない
  • 所有している土地が市の道路に収用された
  • 生前贈与をしたほうがいいのか知りたい
  • 相続争いがないように準備したい
  • 相続税の予定額が知りたい
  • 金融機関から相続税対策の提案を受けたが、有利なのか意見を聞きたい

「今、注目の話題に税理士が答える」記事一覧

2017年09月22日
アパート・マンション経営を始めたときの税務署への届出
2017年09月21日
親が老人ホームに入居した場合の特例適用の可否
2017年09月20日
親の自宅は生前売却と相続後売却どっちがお得?
2017年07月05日
共有のマイホームを売ったとき
2017年07月04日
住宅取得等資金の非課税制度(贈与のタイミング)

相続税の仕組みと基礎知識

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

※このサイトのコンテンツは税法を簡易な表現・計算にして記載しています。
 具体的な取引での適用を保証するものではありません。
 取引等への適用を確実とするためには、税務申告を依頼する税理士等へご確認ください。

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ総合窓口

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります

東京駅前相談所
新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる