text contact

2004 Tokyo City Tax Accountant Firms All Right Reserved

子の名義、孫の名義、妻の名義と、預金の名義のすべてが本人の名義と認められないと聞きました。対策は

日本の税法は“実質課税”となっています。名義上の所有者で判断するのではなく、預金の源泉が誰の所得から生じたものかで判断します。子や孫の名義の預金でも、その資金の源泉が親や祖父母であればその預金は子や孫のものとは扱われません。実質的所有者である親や祖父母のものとなります。妻名義の預金も同様の扱いとなります。相続時やその預金を取り崩して不動産を購入する場合などに問題となります。実質的所有者の預金として扱ってください。

「子の名義、孫の名義、妻の名義と、預金の名義のすべてが本人の名義と認められないと聞きました。対策は」 について疑問は解決しましたか?

もっと詳しく知りたい方は、 お気軽にお問合せください。

ちょっとした疑問やご質問でも、お気軽にどうぞ。

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00 (土日・祝日も開設)

telephone 03-3344-3301

受付時間:平日9:00~18:00

CONTACT

東京シティ税理士事務所では、個人の方から不動産関連会社様まで幅広いお客様に対し、

不動産および相続に関する多岐にわたる税務サービスをご提供しています。

次のようなお悩みやご要望はございませんか?
  • いますぐ不動産・相続税に関する疑問を解消したい
  • 自社の営業社員向けに不動産税務のアドバイスが欲しい
  • 会社の不動産運用に関し税務上の助言が欲しい
  • 譲渡所得税の申告だけ単発でお願いしたい
  • 不動産経営から相続までトータルで対策したい
  • 不動産・相続税務の経験が豊富な税理士に相談したい
不動産・相続税務の疑問がいつでも解消
東京シティ税理士事務所の電話相談(初回相談無料)

telephone 03-3344-3301

電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00 (土日・祝日も開設)

text contact