不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

空き家の3,000万円控除について通達が公表されました

今年4月からスタートし実務でも非常に関心の高い「空き家の3,000万円特別控除」の規定について、国税庁よりその取扱いに関する通達が公表されました。通達の内容は国税庁ホームページ(http://www.rosenka.nta.go.jp/)でも確認できますが、今月のニュースレターでは、通達の内容の中で重要なポイントについて解説したいと思います。 なお「空き家の3,000万控除」の制度の概要はニュースレターvol48をご参照下さい。また、このニュースレターの内容について、ご質問がある方は原稿を作成した石井まで直接ご連絡下さい。

1. 対象となる家屋の範囲(措通35−10)

①被相続人の居住の用に供されている家屋に該当するかどうかは相続開始直前の現況に基づいて判断する。

②被相続人の居住の用に供されていた家屋が複数の構築物からなる場合には、主として居住の用に供していたと認められる一の建築物のみが対象となる。

ポイント

通達では、居住用の判断は相続開始の直前の現況に基づき措通31の3−2に準じて取り扱うとされております。措通31の3−2は従来の3,000万円特別控除の居住用の判定を指しますので、居住用の判断は従来の判断と基本的に変更はありません。ただし、従来の3,000万円特別控除は売却前 3 年以内に居住用の定義を満たせば良いのに対し、空き家の3,000万控除は相続発生時にピンポイントで定義を満たさなければいけない分、要件的には厳しくなります。まだ、申告実績が無く判断の難しい部分がありますが、まずは、被相続人が住民票を自宅に残していたのかどうかがポイントとなりそうです。また、自宅敷地上に母屋、離れ、倉庫など複数の構築物がある場合、母屋のみが対象となります。

<認められそうなケース> 相続発生時に病気の治療のため病院や施設に入院していたが、住民票は自宅に残している場合

<認められなそうなケース> 相続発生の数年前に介護上の理由により老人ホームに入所し、住民票も移している場合

~参考:措通31の3−2(居住用家屋の範囲)~

31の3−2:措置法第 31条の3第2項に規定する「その居住の用に供している家屋」とは、その者が生活の拠点として利用している家屋(一時的な利用を目的とする家屋を除く。)をいい、これに該当するかどうかは、その者及び配偶者等(社会通念に照らしその者と同居することが通常であると認められる配偶者その他の者をいう。以下この項において同じ。)の日常生活の状況、その家屋への入居目的、その家屋の構造及び設備の状況その他の事情を総合勘案して判定する。この場合、この判定に当たっては、次の点に留意する。

(1)転勤、転地療養等の事情のため、配偶者等と離れ単身で他に起居している場合であっても、当該事情が解消したときは当該配偶者等と起居を共にすることとなると認められるときは、当該配偶者等が居住の用に供している家屋は、その者にとっても、その居住のように供している家屋に該当する。

(注)これにより、その者が、その居住の用に供している家屋を2以上所有することとなる場合には、措置法令第20条の3第2項の規定により、その者が主としてその居住の用に供していると認められる一の家屋のみが、措置法第31条の3第1項の規定の対象となる家屋に該当することに留意する。

(2)次に掲げるような家屋は、その居住の用に供している家屋には該当しない。

イ 措置法第31条の3第1項の規定の適用を受けるためのみの目的で入居したと認められる家屋、その居住の用に供するための家屋の新築期間中だけの仮住まいである家屋その他一時的な目的で入居したと認められる家屋

(注)譲渡した家屋に居住していた期間が短期間であっても、当該家屋への入居目的が一時的なものでない場合には、当該家屋は上記に掲げる家屋には該当しない。

ロ 主として趣味、娯楽又は保養の用に供する目的で有する家屋

2.1億円の判定(措通 35−20)

①この特例の適用要件である譲渡対価の額1億円の判定は、最終的に被相続人の居住用家屋及び土地を取得した全ての相続人の譲渡対価の合計額で行います。また、相続人が相続前にすでに所有していた部分の譲渡対価も含めて判定されます。ただし、相続人が相続前にすでに所有していた部分の譲渡対価についてはこの特例の適用は受けられません。

②この特例は、被相続人の居住用家屋と土地を両方取得しないと適用が受けられません。ただし、1億円の判定については、相続で家屋・土地しか取得していない相続人が行った譲渡対価の額も含めて行います。

③居住用家屋に店舗や賃貸住宅等がある場合、店舗や賃貸住宅に対応する譲渡対価は当然、この特例は受けられませんが、1億円の判定については含めて行います。

④相続で被相続人の居住用家屋又は土地を取得していない相続人が、相続前に持分を一部所有していた場合の、その部分の譲渡対価については1億円の判定から除外することができます。

ポイント

1.この特例は譲渡対価が1億円を超えると適用を受けられません。この1億円の判定は、被相続人の居住用家屋及び土地を取得した全ての相続人の譲渡対価の額で判定します。例えば、子供 3人が1/3ずつ相続取得し、総額1.5億で譲渡した場合、1人当たりは5,000万円ですが譲渡対価の額の合計が1億円を超えますので、3人ともこの特例の適用が受けられなくなります。

2.この譲渡対価の額には、相続で被相続人の居住用家屋及び土地を取得した相続人が相続前に所有していた部分の譲渡対価の額も含まれます。例えば、母と子供で1/2ずつ所有していた母の自宅を、母が亡くなり、相続で子供が母の持分を引き継いで1.2億円で譲渡した場合、子供が元々所有していた部分の譲渡対価も含めて1億円の判定を行うため、適用できません。

3.自宅が店舗併用住宅や賃貸併用住宅の場合、店舗や賃貸部分の譲渡対価も含めて 1 億円の判定を行います。また、自宅の敷地上に母屋と離れがある場合には、母屋の譲渡対価が 1 億円かどうかで判定を行います。例えば、母屋と離れの面積比が 2:1の利用状況の不動産を 1.2億で譲渡した場合、母屋に対応する譲渡対価は8,000万円(1.2億×2/3)となるので、適用が受けられます。

3.その他、実務で気をつけたいポイント

①適用対象者ごとに3,000万円控除可能
この特例は、適用対象者1人当たり3,000万円まで控除を受けることが可能です。例えば、9,000万円の対象不動産を相続人3人で取得し譲渡をすれば、3人とも適用できるため、譲渡所得税がかからない形になります。

②一次相続時に相続登記が行われないまま二次相続が生じた場合
父が数年前に亡くなり、その後母が1人で住んでいた自宅について、母が亡くなり相続人である子供が引き継いで譲渡する場合、自宅の名義が父名義のままになっているケースがあります。その際、父から直接子供に相続取得させて譲渡すると、被相続人が 1人で住んでいる居住用不動産を取得し一定期間内に譲渡するという要件を満たさなくなるため適用が受けらません。この場合には、諸費用がかかっても、一度父から母に相続取得させた上で、子供に引き継がせる必要があります。ただし、母の相続税の問題もありますので、複雑なケースは税理士に確認した方が無難かもしれません。

コラム「空き家の3,000万円控除について通達が公表されました」に関連するページ

このコラムの著者 石井 力(いしい ちから) 税理士の紹介

執筆者 石井 力(いしい ちから)石井 力(いしい ちから)
税理士:石井 力(いしい ちから)

若さと行動力を武器に、与えられたチャンスを着実に生かして、 多くのお客様から頼られる存在になれるよう努めてまいります。

得意分野:不動産購入・税金対策

税理士:石井 力の詳細のプロフィールはこちら

「今、注目の話題に税理士が答える」記事一覧

2017年04月11日
海外赴任となった場合の住宅ローン控除の適用について
2017年04月10日
3,000万円控除使える?使えない? ~所有者として居住していない場合~
2017年04月10日
不動産売買における売り主が非居住者の場合の注意点
2017年04月10日
非居住者に係る住宅ローン控除について
2017年04月10日
消費税率引上げ時期の変更に伴う税制上の措置について
2017年04月10日
不動産の売却を提案する上で押さえるべきポイント
2017年03月06日
住宅資金の贈与を受けて購入した住宅の取得が年をまたいでしまう場合の留意点
2017年02月06日
マイホームの買い替え、新居購入年度と売却年度が違う場合
2017年02月02日
確定申告2016年(平成28年)分、出し忘れに注意!
2017年01月06日
消費税率引上げ時期の変更による住宅税制への影響について
2016年12月29日
平成29年度税制改正の動向
2016年12月16日
今年(2016年)の贈与、今年のうちに!!
2016年12月14日
居住用の特例に関する最近の裁決事例について
2016年12月02日
不動産売却の契約日と引渡日は年をまたいだ場合の注意点
2016年11月16日
「民泊」で固定資産税が増額!?
2016年11月16日
2年前の課税売上高が1000万円以下なら消費税の免税事業者です…!?
2016年11月09日
居住用3,000万円控除と住民票
2016年11月09日
タワーマンション節税いよいよ規制
2016年10月10日
建物の一部を賃貸している自宅を売却した場合の税金
2016年10月10日
今からできる所得税の節税対策
2016年10月10日
空き家3000万円控除
2016年10月10日
消費税率引上げ時期の変更に伴う税制上の措置について
2016年09月16日
空き家の3,000万円控除と住民票
2016年09月16日
空き家の3,000万円控除について通達が公表されました
2016年09月15日
特定の事業用資産の買換えの特例(9号買換)
2016年09月15日
資産の組み替えで大増税時代を乗り切れ
2016年08月09日
共有で相続した空き家の譲渡と3,000万円控除
2016年08月09日
マイホームを取り壊して敷地を一部売却後に建て直した場合の税金
2016年08月09日
税理士のかしこい『使い方』
2016年08月09日
平成28年分の路線価が公表されました
2016年08月02日
空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)について
2016年08月01日
空き家の3,000万円特別控除を受けるための書類・手続きは?
2016年08月01日
「相続税対策」は究極の財産リストの作成から
2016年08月01日
空き家3,000万円控除と売却金額
2014年07月26日
相続税がかからない財産を生前に購入
2014年06月26日
相続の限定承認と税制上の問題点
2014年06月11日
相続税申告期限までに分割が確定しない場合の不利益
2014年05月28日
相続時精算課税制度でアパートを子に贈与
2014年05月08日
相続の放棄は3ヶ月以内に手続きを
2014年01月06日
子供名義預金が相続時に親の財産とされる場合
2014年01月01日
小規模宅地等の特例「生計を一にする」の意味
2013年11月26日
住宅資金贈与は相続税対策
2013年11月19日
おしどり贈与制度は相続税対策
2013年10月31日
教育資金贈与制度は相続税対策(祖父母などから孫への贈与)
2013年10月15日
相続財産のうち不動産が占める割合60%の重み
2013年10月01日
養子縁組の相続税節税効果
2013年09月13日
婚外子の相続分は実子と同等となる

相続税の仕組みと基礎知識

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります

新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる