text contact

2004 Tokyo City Tax Accountant Firms All Right Reserved

注目の話題に税理士が答える! 不動産税制・相続税最新情報

相続の放棄は3ヶ月以内に手続きを

掲載日:2014/5/8

被相続人が事業に失敗したなど多額の借金がある場合、相続人は通常マイナスの財産としてその借金を背負うことになります。

このような場合に配偶者や子供たちが借金を肩代わりすることがない、一切の債務・責任が免除されるというありがたい規定があります。

これを「相続の放棄」といいます。

相続放棄をするには、自分のために相続があったことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に申立てをする必要があります。3ヶ月以内という期間を設けているのは、借金を誰が引き継ぐのか、引き継がないのかわからないという不安定な状態が長期間続くことを防ぎ、債権者を保護するためです。
葬儀のしきりや親戚への挨拶で忙しい中3ヶ月はあっという間に過ぎてゆくため、注意が必要です。

なお、被相続人の不動産を売却したなど相続財産の全部又は一部を処分したときには、その時点で単純相続したものとみなされ相続放棄はできませんのでご留意ください。

ちなみに、相続放棄をする人は毎年増加しているようですが、当事務所のお客様で相続放棄をする方はほぼ零です。なぜでしょうか。
それは、当事務所のお客様は借金より財産が大きいため相続税がかかり、申告書作成の依頼のためにいらっしゃる訳ですから、単純承認し相続放棄はしないということです。

コラム「相続の放棄は3ヶ月以内に手続きを」に関連するページ

このコラムの著者 藤井 幹久 (ふじい みきひさ)

執筆者 税理士 藤井 幹久(ふじい みきひさ)藤井 幹久

税理士:藤井 幹久(ふじい みきひさ)

相続と不動産税務を得意としております。前職は税理士試験の資格予備校の講師をしておりました。難しい税金の話をわかりやすくお伝えできるように努めてまいります。

信条・モットー:為せば成る 為さねば成らぬ何事も
得意分野:不動産譲渡の税金・相続対策・マイホームの税金・アパートマンションオーナーの税金問題・資金繰り対策

税理士:藤井 幹久の詳細のプロフィールはこちら

【免責事項】

  • 当コラムは、情報提供を目的として税理士法人東京シティ税理士事務所(以下「当社」)が作成したものであり、節税対策実施の強制や勧誘を目的にしたものではありません。
  • 当社掲載内容の正確性に努めておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトの情報をご利用した際に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。
  • 当社の判断により掲載内容の一部あるいは全てを予告なく修正・削除する場合があります。
  • 当サイトのご利用にあたっては、ご利用者の自己責任をもってご覧いただくものとします。

telephone 03-3344-3301

受付時間:平日9:00~18:00

CONTACT

東京シティ税理士事務所では、個人の方から不動産関連会社様まで幅広いお客様に対し、

不動産および相続に関する多岐にわたる税務サービスをご提供しています。

次のようなお悩みやご要望はございませんか?
  • いますぐ不動産・相続税に関する疑問を解消したい
  • 自社の営業社員向けに不動産税務のアドバイスが欲しい
  • 会社の不動産運用に関し税務上の助言が欲しい
  • 譲渡所得税の申告だけ単発でお願いしたい
  • 不動産経営から相続までトータルで対策したい
  • 不動産・相続税務の経験が豊富な税理士に相談したい
不動産・相続税務の疑問がいつでも解消
東京シティ税理士事務所の電話相談(初回相談無料)

telephone 03-3344-3301

電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00 (土日・祝日も開設)

text contact