text contact

2004 Tokyo City Tax Accountant Firms All Right Reserved

注目の話題に税理士が答える! 不動産税制・相続税最新情報

タワーマンション節税いよいよ規制

掲載日:2016/11/9

今月政府・与党が 2017 年度税制改正でタワーマンションなどの高層マンションにかかる固定資産税を見直す方針を固めました。NEWS LETTER vol.38 でタワーマンション節税の規制が検討されそうですという情報を
お送りいたしましたが、タワーマンションの固定資産税の見直しがされるということは、相続税を算定するうえで用いる固定資産税評価額にも影響を及ぼす可能性があり、いわゆる「タワマン節税」の抑制につながることになるかもしれません。今回の見直しは早ければ2018年1月からの実施を目指しています。

規制の背景

マンションの固定資産税は、土地の公示価格や建物の時価などを基に1棟全体の評価額を算定したうえで、各部屋の床面積の割合に応じて税額が算出されます。そのため高層階、低層階に関係なく床面積が同じなら
ば同じ税額となっています。しかし、実際の販売価格は、眺望がよく人気が高い高層階の方が低層階よりも高額であり、税額が同じなのは不公平という指摘がありました。

対象となるマンション

今後新築されるおおむね 20階建て以上(高さ60メートル以上)のマンションが対象となる予定です。(具体的な対象は年末までに詰める予定)

計算方法

1棟あたりの税額の総額は変わらないようにし、高層階ほど増税、低層階ほど減税になるように計算される予定です。
あくまでイメージですが、
20階建て(1フロアにつき1部屋、同床面積)のタワーマンションで課税総額が110万円だった場合、現在の計算方法では1階でも20階でも5.5万円(110万円÷20階)ですが、
改正予定の計算では1階は1万円、2階は2万円、3階は3万円・・・20階は20万円(課税総額は110万円)というようなイメージです。(具体的な計算方法は年末までに詰める予定)

今回の見直しで、対象マンションが 20 階建て以上となれば 19 階建てのマンションが増えるのではないか等様々な懸念があります。また、今回は建物評価についての見直しですが土地の評価についても何らかの見直し
がされるか注目です。
なお、今回取り上げた見直しがそのまま改正されるかどうかは、現時点ではまだ未確定です。

このコラムの著者 剱持 嘉宏(けんもつ よしひろ)

著者 剱持 嘉宏(けんもつ よしひろ)

税理士:剱持 嘉宏(けんもつ よしひろ)

税金の知識0ベースで1から丁寧にご説明させていただきます。

税理士:剱持 嘉宏の詳細のプロフィールはこちら

【免責事項】

  • 当コラムは、情報提供を目的として税理士法人東京シティ税理士事務所(以下「当社」)が作成したものであり、節税対策実施の強制や勧誘を目的にしたものではありません。
  • 当社掲載内容の正確性に努めておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。当サイトの情報をご利用した際に生じた損失につきましては、一切の責任を負いません。
  • 当社の判断により掲載内容の一部あるいは全てを予告なく修正・削除する場合があります。
  • 当サイトのご利用にあたっては、ご利用者の自己責任をもってご覧いただくものとします。
CONTACT

東京シティ税理士事務所では、個人の方から不動産関連会社様まで幅広いお客様に対し、

不動産および相続に関する多岐にわたる税務サービスをご提供しています。

次のようなお悩みやご要望はございませんか?
  • いますぐ不動産・相続税に関する疑問を解消したい
  • 自社の営業社員向けに不動産税務のアドバイスが欲しい
  • 会社の不動産運用に関し税務上の助言が欲しい
  • 譲渡所得税の申告だけ単発でお願いしたい
  • 不動産経営から相続までトータルで対策したい
  • 不動産・相続税務の経験が豊富な税理士に相談したい
不動産・相続税務の疑問がいつでも解消
東京シティ税理士事務所の電話相談(初回相談無料)

telephone 03-3344-3301

電話受付時間:月曜日~金曜日 9:00~18:00 (土日・祝日も開設)

text contact