不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

相続税の仕組みと基礎知識

相続税と贈与税の違い

相続税とは 相続税は、人の死亡により財産を相続又は遺贈により取得した人に対して課税される税金です。個人間の資産格差の調整のため、一定金額を超える財産を取得した場合には、その財産から一定額を相続税とし

「相続税と贈与税の違い」の続きを読む

相続税課税の仕組み

相続税計算の流れ 相続税の速算表(平成27年以降) 法定相続人の取得金額 税率 控除額

「相続税課税の仕組み」の続きを読む

相続税がかかる財産

相続等により取得した財産は相続税の課税対象となります。この相続等により取得した財産は「本来の財産」と呼ばれます。具体的に言えば、土地、建物、現預 金、有価証券などです。これに対し、被相続人の死亡に基

「相続税がかかる財産」の続きを読む

相続税がかからない財産

相続財産の中には、その財産の性質、社会政策的見地、国民感情等から相続税を課税することが好ましくないとして相続税の課税対象としない非課税財産が設けられています。 財産の性質や国民感情の配慮から香典、花

「相続税がかからない財産」の続きを読む

相続財産からマイナスするもの(債務控除)

相続により、財産とともに被相続人の債務を承継した場合には、その承継した債務は相続財産からマイナスすることができます。また、相続人が負担した葬式費用も同様に相続財産から控除できます。 相続財産から控除す

「相続財産からマイナスするもの(債務控除)」の続きを読む

相続開始前3年以内の贈与財産とは

相続・遺贈で財産を取得した人が、相続開始前3年以内に被相続人から贈与でもらった財産がある場合、そのもらった財産は、相続財産にプラスして相続税を計算することになります。 「配偶者の贈与税の特

「相続開始前3年以内の贈与財産とは」の続きを読む

精算課税選択後の贈与税および相続税額の計算

相続時精算課税制度を選択した後に被相続人である特定贈与者が死亡した場合には、相続人となった相続時精算課税適用者は同制度を選択した年分以後相続開始の時までに特定贈与者から取得した贈与財産は相続税の課税価

「精算課税選択後の贈与税および相続税額の計算」の続きを読む

相続税の課税最低限(遺産にかかる基礎控除)

相続税も亡くなった方の相続財産の全てにかかるわけではありません。相続財産の価格がここまではかからないという、課税最低限が定められています。これを基礎控除額といいます。 基礎控除額 3,000万円+

「相続税の課税最低限(遺産にかかる基礎控除)」の続きを読む

各相続人の仮の相続税計算

相続財産から遺産に係る基礎控除額を引いた残りを「課税遺産総額」といいます。この「課税遺産総額」に税金が課税されることになりますが、単純に税金が課税されるのではなく、仮に法定相続分で分割した場合の各人の

「各相続人の仮の相続税計算」の続きを読む

各相続人の相続分に応じた相続税

「相続税の総額」は計算上の相続税にすぎません。これを各相続人の取得した相続財産の割合で按分します。すなわち、もらった財産の額に応じた負担をするということです。 相続税の総額 × 按分割合 = 各人の

「各相続人の相続分に応じた相続税」の続きを読む

相続税の配偶者控除について -配偶者は法定相続分まで相続税がかからない-

被相続人の配偶者は、相続開始後の生活の保障、被相続人の財産形成への寄与及び次の相続開始が早期であろうことを考慮し、配偶者が法定相続分に相当する財産の額以下の額を取得する場合は、それに対応する税額を軽減

「相続税の配偶者控除について -配偶者は法定相続分まで相続税がかからない-」の続きを読む

相続税の計算例

相続税の簡易計算シミュレーションはこちら 相続税の計算事例の紹介 平成29年に夫が死亡し、妻と子供2人(成人)が4億円の財産を相続しました。この他、ローン残額が1億円あり、葬式費用には400万円か

「相続税の計算例」の続きを読む

相続手続きのタイムスケジュール

相続税の申告期限は、相続の開始があったことを知った日の翌日から10ヶ月以内です。まだまだ時間があると油断していると期限はすぐ来ます。それに相続税の申告は分割や納税という難問を抱えています。四十九日を超

「相続手続きのタイムスケジュール」の続きを読む

相続関係書類のまとめ方

相続税の申告書は書類の数の多さ、内容の複雑さ、特に不動産の評価の難しさ等素人がするには大変なエネルギーを必要とします。多くの人が税理士に依頼することになるでしょう。又税理士と相談しながらすることによっ

「相続関係書類のまとめ方」の続きを読む

修正申告書・更正の請求

相続税の申告が終わってから、相続財産が漏れていたり、計算が間違っていることに気がつき 、相続税の追加納税の申告をすることを修正申告といいます。  逆に相続財産を過大にしたり、計算が間違っていたりして

「修正申告書・更正の請求」の続きを読む

相続税の納税方法

相続税の納税は相続税の申告期限までにしなければなりません。納税の仕方には次のような方法があります。 相続税の納税方法 原則 現金納付が原則です。 例外 次のような条件が整えば「延納」(ローン

「相続税の納税方法」の続きを読む

税務調査

税務調査の目的 相続税の申告書を提出し、納税が完了しても全て終わりではありません。その後、税務署から申告の内容に対し「税務調査」がある場合があります。 「正直に申告したのに」「税理士にお願いしたの

「税務調査」の続きを読む

相続税申告漏れのペナルティー

税務調査で、相続税の申告書に記載がなかった財産が発見された場合、又は評価額の計算が違っていた場合には改めて申告をし直すことになります。この場合、その財産の脱漏などが故意になされたか、申告のミスなのかに

「相続税申告漏れのペナルティー」の続きを読む

相続税申告書の記入順序と申告書類一覧(ダウンロード可)

相続税申告書には申告の内容に応じて次の18種類を記入して提出しなければなりません。 通常書かれる相続税申告書の記入の順番 平成27年度以降様式参考 記入順序 様式 内容 1

「相続税申告書の記入順序と申告書類一覧(ダウンロード可)」の続きを読む

相続税から引ける7種類の税額控除

税額控除には下記のように7種類あります。各人の相続税が計算された後、それぞれの税額からこの控除額を控除して、最終的に税務署に納付する相続税が決定します。 控除順

「相続税から引ける7種類の税額控除」の続きを読む

相続税の仕組みと基礎知識

今、注目の話題に税理士が答える

年間1,000件以上の「不動産と相続の税務相談」を経験した相続税・資産税専門の税理士の現場から相続税に関する最新情報をコラムとしてお届け致します。

2017年06月06日
住宅取得資金の贈与者が死亡
2017年06月01日
不動産所得とローン控除は併用可能?
2017年05月12日
相続した空き家の除却工事
2017年05月12日
3,000万円特別控除と住宅ローン控除の併用テクニック
2017年04月11日
海外赴任となった場合の住宅ローン控除の適用について
コラム一覧

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

※このサイトのコンテンツは税法を簡易な表現・計算にして記載しています。
 具体的な取引での適用を保証するものではありません。
 取引等への適用を確実とするためには、税務申告を依頼する税理士等へご確認ください。

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせ総合窓口

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります

東京駅前相談所
新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる