不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

自筆証書遺言書作成上の注意

(1)書式 縦書きでも横書きでもよく、特に法律に定めはありません。
「遺言書」とか「遺言状」などという表題は、特別付けなくてもかまいません。
(2)用紙・筆記用具 用紙も特別定めはありません。便箋・原稿用紙など、字が書けるものなら何でも良いのですが、ある程度保存に耐える紙が望ましいでしょう。
筆記用具も、改ざんされる恐れがない、筆・万年筆・ボールペンなど、何でもかまいません。鉛筆は望ましくありません。
(3)文字 日本語でも外国語でも、旧仮名遣い・旧漢字・当て字でもかまいません。判読可能であれば、文字の種類は問いません。
しかし、正確に読みやすく書いておくべきです。
なお、金額・土地の地番など重要な数字は「壱、弐、参・・・、拾」などの多角数字を使った方がよろしいでしょう。
(4)封筒 封筒に入れて封印しておくようにしてください。
封印しておくと、遺言者の死亡後遺族は勝手に封を切れませんし、遺族は、家庭裁判所へ持参して、開封の手続きをとらなければなりません。遺言内容の変造を防止できますし、内容も秘密にできます。
封筒に入れず、むき出しのままでも有効ですが、トラブルの元になります。
(5)契印 遺言が一枚の用紙で終わらず、数枚になる時は、一枚ずつ契印(前後のページにわたって一つ印を押すこと)しておきます。

自筆証書遺言見本(実物は自筆でなければなりません)

遺言状      遺言者石原雄三は下記の通り遺言する。  
  第一条 遺言者の長男石原章雄に第二条記載の不動産物件を除く遺言者の全財産を遺贈する。
  第二条 妹の大山花子には、次の土地と家を遺贈する。
(一)  東京都港区白金○丁目○番○号
宅地 九参・弐四平方メートル
(二)  同所同番地
家屋番号 弐番
木造瓦葺平屋建居宅
床面積壱参八・五壱平方メートル
  第三条 遺言執行者として、東京都新宿区○丁目○番地
弁護士稲垣三郎を指定する。
     平成二十二年十月二十一日      東京都港区白金○丁目○番○号                石原雄三   印  

その他の『遺言の種類とその内容』に関連するページ

相続税の仕組みと基礎知識

今、注目の話題に税理士が答える

年間1,000件以上の「不動産と相続の税務相談」を経験した相続税・資産税専門の税理士の現場から相続税に関する最新情報をコラムとしてお届け致します。

2017年01月06日
消費税率引上げ時期の変更による住宅税制への影響について
2016年12月29日
平成29年度税制改正の動向
2016年12月16日
今年(2016年)の贈与、今年のうちに!!
2016年12月14日
居住用の特例に関する最近の裁決事例について
2016年12月02日
不動産売却の契約日と引渡日は年をまたいだ場合の注意点
コラム一覧

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日、税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります。

新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる