不動産税務と相続のプロフェッショナル集団

不動産の税務対策は東京シティ税理士事務所

お電話でのお問い合わせ(9時から18時まで)03-3344-3301。お問い合わせ。

相続時精算課税制度とは

60歳以上の親・祖父母から20歳以上の子に財産を贈与した場合、財産を取得した者は選択をすることにより通常の贈与税と区別して、相続時精算課税制度により贈与税の計算をすることができます。

この制度を選択すると贈与税の課税価格から2500万円の控除を受けることができます。
相続時精算課税の適用を受けた財産については、贈与者が死亡した時点で相続財産に含めて相続税額を計算し、すでに納付した贈与税を精算することになります。

相続税の簡易計算シミュレーションはこちら

相続時精算課税制度の適用要件

  1. 受贈者(その年1月1日において20歳以上で、贈与をした者の直系卑属である推定相続人)
  2. 贈与者(その年1月1日において60歳以上の者。以下「特定贈与者」という)から贈与により財産を取得
  3. 申告期限までに税務署長に対して本制度の選択をする旨の届出書を贈与税の申告書に添付して、提出した場合

特定贈与者とは

特定贈与者とは、その年1月1日において60歳以上の父母・祖父母を指します。(平成27年以後は60歳以上の父母・祖父母)

選択

受贈者である兄弟姉妹が別々に、贈与者である父、母、祖父母ごとに選択できる。(平成27年以後は父・母に加え祖父・祖母も追加)

適用対象となる贈与財産

贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はない。

贈与税額の計算

本制度を選択した受贈者は、特定贈与者からの贈与財産と他の贈与財産とを区別して、贈与税額を計算します。

(特定贈与者からのその年中の贈与財産の価額の合計額-特別控除額(注))×20%=税額

(注) 特定贈与者からのその年中の贈与財産の価額の合計額 30a3 2,500万円-過年度使用特別控除額

∴少ない方

相続時精算課税制度の適用手続き

相続時精算課税を選択しようとする受贈者は、その選択に係る最初の贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までの間(贈与税の申告書の提出期間)に納税地の所轄税務署長に対して「相続時精算課税選択届出書」を受贈者の戸籍の謄本などの一定の書類とともに贈与税の申告書に添付して提出しなければなりません。

その他の『贈与税の基礎知識』に関連するページ

相続税の仕組みと基礎知識

今、注目の話題に税理士が答える

年間1,000件以上の「不動産と相続の税務相談」を経験した相続税・資産税専門の税理士の現場から相続税に関する最新情報をコラムとしてお届け致します。

2017年02月06日
マイホームの買い替え、新居購入年度と売却年度が違う場合
2017年02月02日
確定申告2016年(平成28年)分、出し忘れに注意!
2017年01月06日
消費税率引上げ時期の変更による住宅税制への影響について
2016年12月29日
平成29年度税制改正の動向
2016年12月16日
今年(2016年)の贈与、今年のうちに!!
コラム一覧

お問い合わせ

東京シティ税理士事務所に関して、ご相談、意見・ご要望をお待ちしております。

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

税理士法人 東京シティ税理士事務所:トップページ

お問い合わせ・ ご質問方法を確認
×

ご意見ご相談などお気軽お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-3344-3301

土曜日は当番税理士が在席の時は対応できます。
受付時間:9:00~18:00 月曜日~金曜日

メールフォームでのお問い合わせ

住まいと暮らしの税金相談

新宿・横浜で毎日、税金に関する
お悩みを無料でご相談を承ります。

新宿相談所
横浜相談所

アパマン税金相談

アパート・マンション経営の
すべてのお悩みにお応えします。

アパマン税金相談

東京シティの相続税診断

東京シティの経験豊富な税理士
が相続税の節税方法、納税方法を
アドバイス致します。

東京シティの相談税診断

業務内容に関するお問い合わせ

種別 内容
不動産税務 個人向け・不動産関連会社向けのご相談
中小企業顧問 各中小企業様向けサービス(きらく顧問・おてがる顧問・あんしん顧問)のご相談
相続税及び相続対策 相続税の申告税務や相続対策
セミナー講師・税務相談会 講演会・セミナー・研修会・相談会のご相談について

採用・その他お問い合わせ

種別 内容
採用応募メールフォーム 採用応募フォーム
その他のお問い合わせ 東京シティ税理士事務所に関して、ご意見・ご要望をお待ちしております

よく寄せられるご質問はこちら

×閉じる